福山の日記(6/23〜6/29)

6/23(月)

先週土日帰らなかったのでそのまま大船渡スタート

9:00-資料作成

11:00-市役所で山口係長と打ち合わせ

13:00-日野自動車打ち合わせ(交通情報のスポンサーになってもらえることに)

伊藤所長に感謝

14:00-防災・市民メディアで打ち合わせ

18:30-設立準備会議

終了後吉田さんと崎山さんとヒロシの会。副会長は包囲網に捕まる。(笑)

 

6/24(火)

午前中、酔仙で打ち合わせ。リアスノートの収録内容の事前打ち合わせ。イベント企画「酔仙祭り」の企画を具体化することに。

午後NPOで打ち合わせ。小中学校の訓練の進め方。グループウェア版のユーザアカウントの持ち方について議論

そのまま水沢江刺に向かい東京へ。

 

6/25(水)

午前中明治大学の阪井教授の所に行くと世界中を着物で旅する北海道出身の不思議な若者を紹介される。

昼食は大学近くの地下のジャズバー。料理美味し。

午後阪井教授と長野へ移動。須高ケーブルテレビへ。

ケーブルテレビ連盟とJMOOCの協業についてディスカッション。良い議論。

 

6/26(木)

阪井教授と朝の新幹線で東京へ戻る。

研究室で学研の栗山さんに遭遇。そのままお供でテレワーク推進フォーラムの総会に参加。総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省のそれぞれの施策について簡単にレビューを聞けた。その中から「テレワーク予習」の必要性を感じる。

NTTPCに戻り石毛氏とミーティング。その後伊藤氏とミーティング。

そこに青森の実家から電話。兄が怪我をしてドクターヘリで運ばれた。

脳内出血をしているとのこと。顔から血の気がひく。

 

6/27(金)

会社を休ませてもらい青森へ。

兄は脳内出血もおさまり、経過観察の状態になっていた。

何と言っていいかわからなかったから「ヘリの乗り心地どうだった?」と聞いたら「速かった」と答えてきた。色々あるけど命が一番大事。

2番目の兄を41歳で亡くした。

命に別状なくてよかった。。。(涙)

 

6/28(土)

集金に周れない兄の代わりに顧客に郵振での支払いのお願いする文書を作成するなど店のお手伝い。

兄の見舞い。頭痛ひどいがそれでも前日よりも元気に。

2歳と3歳の兄の孫達の「アンパーンチ」の攻撃に対して「バイバイキーン」というリアクションを100回位取らされる。。。アンパンマン銃で1000発以上撃たれる。

 

6/29(日)

兄嫁、母とわらび取り。

蕨はとればとるほど伸びるらしいがアブや蜂が夏に出てやめるらしい。

「虻蜂取らず」の新しい語源を発見。

その後、畑の手伝い。ひたすらイチゴを摘む。。。

東京へ

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です