日記 12/15 福島県会津若松市

福島県会津若松市

Eyes,JAPANの山寺社長

今年2月に大船渡でやったシンポジウムで講演してくれた山寺社長に会うために会津若松市を訪問。

会津若松駅まで山寺社長に迎えに来てもらい、リクエストの地元の人に愛されるラーメン屋さんに連れて行ってもらう。

「しせん屋」 一番人気はニララーメンだったが、まずは普通の醤油ラーメン大盛りを頼む。麺がモチモチで超美味。。。

店に入ると偶然山寺さんのご両親に遭遇。お母さんの顔が山寺さんそのものだった。。。そっくり。。。

sisenya

 

 

 

 

 

 

そして、Eyes,JAPAN本社に。NTT局舎内とは思えないユニークなオフィス。入口にはレゴで作った看板

Eyes

 

 

 

 

 

天井にはミラーボール。 奥にはサンドバックと何故か銅鑼。。。

FB_IMG_1418615751355

FB_IMG_1418623504258

 

 

 

 

 

 

 

 

その他にもKUBIというipadと遠隔で対話する際にリモートで首のようにまわせるフォルダーを使って

新潟の在宅スタッフとコミュニケーションしていたり、玉手箱のようなオフィスだった。

ヒアリング開始。

山寺さんが1993年会津大学の職員だった頃に学生たちとセカンドワークで1994年から

始めたWWWサイト構築が事業の始まりという。

1994年。。。僕が関わってたInfoSphereが立ち上がったのが1995年1月。

東京のNTTドメインにダイヤルアップしてやっていたらしい。

東北の会津若松でそんな先進的な学内ベンチャーが立ち上がっていたことに驚愕。

会津大学の学長が「会津にシリコンバレーを作るんだ」と構想していたらしい。凄すぎる。。。

「常にエッジな技術を誰よりも早く探求している。市場が成熟してしまうと収益性が落ちる。

自分たちがウェブ制作を始めたころは1ページ10万円もらえた。現在は1000円。

クラウドワークスなどのソーシャルワークは更に市場のデフレを生んでいるので危険。

だから、自転車や医療、農業とまだまだ遅れている分野をやるのが地方のベンチャーの

ゲリラ戦だという。まさにその通りだと思う。

FB_IMG_1418623219677

 

Eyes,JAPANが開発した後輪が回転しながら広告表示可能な自転車。

放射能測定なども走りながら出来るようになっている。

 

 

 

 

 

一度宿泊先にチェックインして、総務省関連の資料を作成し東京に送る。

もっきり

夜、山寺さん行きつけの日本の店 「もっきり」へ連れて行ってもらう。

ここのいかのゴロ炒めの残ったつゆとバターで作るリゾットが絶品!!

日本酒もどれも美味しかった!

mokkiri

 

 

 

 

 

 

 

2月28日に会津若松で行われるハッカソンの盛り上げることで盛り上がる。

会津若松も山寺さんも素敵だった・・・

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です