fukuyama のすべての投稿

創成と創生

最近スマホで「地方創生」と打とうとすると漢字変換は創成しか出て来ない。

創成と創生の違いって何だ?と気になって調べて見た。

創成ーー初めて具体的に作り上げること

創生ーー新しいものを生み出すこと

言葉じりを捉えると「地方創生」とは「新しい地方を生み出すこと」となる。

当たり前かも知れないが、これを実現するためには、これまでに地方の行政の事業化プロセスでは難しい。なぜならここに不可欠なのは従来の常識やしがらみに縛られない破壊的イノベーターが不可欠だからです。他地域の成功事例を水平展開する事は一見効率のよい地域活性化に見えますがそこにイノベーションはありません。勿論学ぶ事は大事です。重要なのはそこに更に自分達の資産を付加したイノベーションを科学融合できるかではないでしょうか?

テレファミリー

テレは「遠く離れて」

ワークは「仕事する」

なら

遠く離れて家族するのは

テレファミリーか。。。

我が家は5人家族で、僕と長男は大船渡中心、嫁と長女は東京、次男は来春から秩父で離れ離れに暮らす。そもそも自分もそうだったように地方では高校を卒業すると家を出てテレファミリーになるのだし、結婚と同時に新しい戸籍になるのだからどこまでが「家族」というべきかというのもある。

現在我が家をつないでいるのはLINEグループであることは間違いない。

【アンテナショップ研究】浅草 まるごとニッポン

浅草の新名所? まるごとニッポン
浅草の新名所? まるごとニッポン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://marugotonippon.com/

浅草のJRAの隣に4階フロア全部地方のショップらしい。

大手広告代理店がプロデュースしている匂いがプンプン

まち・ひと・しごと創生の支援プラットフォームなんだろうが。。。

フロアは大勢の客でにぎわっていた。

でも、高島屋とどう違うんだろう?と疑問。来店者の会話も「あんまりぱっとしたの無いね」と厳しい感じ。

機能としては
地方のショップ・物産館の直売
IMG_20151220_130741 IMG_20151220_130640 IMG_20151220_130613 IMG_20151220_130300 IMG_20151220_130223 IMG_20151220_130143 IMG_20151220_130134 IMG_20151220_130038 IMG_20151220_130024 IMG_20151220_130018 IMG_20151220_130007 IMG_20151220_125946 IMG_20151220_125942 IMG_20151220_125824

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

移住促進コーナー

IMG_20151220_131150 IMG_20151220_131128 IMG_20151220_131315 IMG_20151220_131158 IMG_20151220_131152 IMG_20151220_131456

【アンテナショップ研究】 吉祥寺 高知屋

高知屋
高知屋

 

 

 

 

 

 

http://www.kochi-marugoto.pref.kochi.lg.jp/kensanpin/kochiya/

吉祥寺駅南口を出て、商店街の道を入っていく。住宅街に続くこの道の人通りは多い。

高知県の物産を500アイテム程度販売とのこと。

店員は2名

高知県物産の直販およびプロモーションが主な目的に見える。

高知屋
高知屋

IMG_20151220_112021 IMG_20151220_112025

ギークワークショップ

この2日間、大船渡テレワークセンターでギーク達のワークショップを2回開催。

12月12日

ギークに教わる「今さら聞けないインターネットの話」
北村 直樹さん

geek_kitamura
風呂敷がカーテンに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は、市民・関係者合わせて10名が参加
最初は難しすぎるかなーと思ったが、徐々に北村さんの意図が伝わってきて大変盛り上がったワークショップとなった。

インターネットでは、裏側でこういう情報のやりとりがされている。

この情報を使って、より効果を高めようとする活用「SEO対策」「アクセス分析等」

この情報を使って、なんとか悪いことをしよう活用する「クラッキング」等

故に、それらの攻撃から身を守らなければいけない「セキュリティ対策」

だから、どんな「情報」をやり取りしているかを知ることは、一番最初に知っておかなければいけないことなんだ。

というような内容だった。
実例も交えて話してくれるので、非常にわかりやすかった。後半は一緒に学んでいたギーク達が我慢できずに質問をどんどん始めて、一般の人は会話の内容が分からなくなっていた(笑)

北村氏は「本当はこの話を中学生位の世代に聴かせたい」と言ってくれたので、また是非お願いしたい。

「IT系を志望」といっても幅が広い。今回のような話を理解した上で、そういう情報をどんな風に活用する側に回りたいのかを考えられる、究極のキャリア教育だなと思った。

12月13日

ギークに教わる「北上山地のILCって騒いでるけど何? 素粒子って何?宇宙?」

山本 大さん

普段、ギークハウスの運営を手伝っている山本さんが「素粒子」の研究者だったことから、興味があって急きょお願いした。
物は原子で出来ていて、それは原子核から出来ていて、それは陽子から出来ていて、陽子はクオークと反クオークとグルーオン等によって構成。それ以上分解できないものを素粒子といって、誰かに分解されるとそれは素粒子ではなくなる。

最初は難しい話だと思いながら聞いてたが、宇宙がビッグバンからどんどん膨張していくロジックと素粒子がどのように結びついているのか?とか元の状態を再現するために強い衝突エネルギーが必要でそれを実現するためのは50kmもの直線が必要で、世界でその条件を満たせる場所として北上山中の地質が適合していたということらしく、どんどん引き込まれていった。

そして散々そのように引っ張っておいて、「素粒子の研究自体に意味はありません。ははは」という脱力系な山本さんだった(笑)

ギークの人たちの持っているポテンシャルの高さを感じた2日間だった。

自分というテレワーカーの労働時間

自分をケーススタディしてみると

どこでも働けるテレワーカーはトータルで見ると長時間労働ではないかと思う。

朝、家でメールやFB確認(1時間)
新幹線の中で作業(3時間)
現地について打ち合わせ等(5時間)
夜宿泊場所で作業(5時間)
これに移動の車の運転時間(2時間)

1日24時間中、食事と睡眠時間を除くと16時間は仕事のために時間を使っている。
お酒付き合いが好きな自分は3時間位はそれに充てる。朝食は食べず、昼は1時間
と考えると、睡眠時間はざっと4時間という感じ。

テレワーカーをやりたがる人は、ワーカーホリックが多いのではないだろうか?
時間や外部に拘束されずに、思いっきり仕事がしたい人が多いように思う。

だから、ワークライフバランスという視点でいうと、仕事を趣味としている人間にとっては
「仕事」も「プライベート」も充実しているんだろう。

ブログ再開

目まぐるしく忙しすぎて(正確には自分で忙しくさせすぎて)、ブログを書く気になれなかった。

今が閑になったわけではないが。。。

相変わらずのテレワーカー生活

今週も、東京ー大船渡ー東京ー長野ー大船渡

明日14日には、新たな大船渡の拠点となる「大船渡テレワークセンター」の開所式

色んな人に迷惑をかけながらようやくここまで漕ぎつけた。

年齢的にはもうすぐ52歳

嫁からは「いつまでそんな生活を続ける気?」と苦言をいただきながらここまで来ました。

嫁や家族には本当に感謝してます。こんな僕の家族できっと大変だったでしょう。

「テレワーカー日記」なので自分のテレワークについて書いてます。

僕の現在のキャラクターは「サラリーマン」であり「研究者」であり「家庭持ち」であり、その他色んなキャラももっているが、「テレワーカー」をさせてもらうことで、多分一般の人が絶対に経験が出来ない幅広な可動性を持てているんだと思ったりしています。

そろそろ自分なりの次のステージも見据えながら、テレワーカーを続けていきたいと思います。

これは「遅刻」の域を超えている

14431484655321203858614

 

 

 

 

 

今日は大槌町の「地域IT人材育成委員会」

東京駅で新幹線に乗って新花巻まで向かっている途中。大槌町の豊君からFBでメッセージ
「今日、10時から委員会ですが。。。」
時間は既に10:30位。

体中から脂汗が。。。

自分のスケジューラ見ると15時~17時になっている。

どこでどう間違ったのかも分からない。

大船渡のふるさとテレワークについて事例紹介することになっていた。(割とメイン)

雨の景色をただただ眺めるしかない。。。

 

日記 8/24~9/6

暫く更新できずすみませんでした。。。

8/24 東京~京丹後
京都縦貫道が連結して京都から京丹後がスムーズになってた。
夜常宿セントラーレで京丹後市関係者との懇親会。

8/25 京丹後~大阪
午前、京丹後市役所でふるさとテレワークの調印式。その後、センター予定地を案内。
台風近づく中、京丹後市内で打ち合わせ後、京都までハンドルとられながら戻る。
京都駅~大阪の福島駅まで移動するのに電車が遅れてて2時間位要す。
夜遠隔英会話+リアル教室の新規事業で頑張っている知人と会食。色々大変そう。

8/26 大阪~大船渡
午前中、伊丹空港~花巻空港~大船渡市へ大移動
午後、大船渡市内のGEEK House開設予定になっている仮設住宅に挨拶を兼ねて見学。
DIYで掘りごたつを作ることになりコメリをうろつく。
夕方市役所で打ち合わせ

8/27 大船渡
9:00 市役所で「キャリア事始め事業実行委員会」の第一回目の会合。事務局として事業説明。
10:30 キラク創建で農業体験メニューに関する打ち合わせ
12:00 地域活性化総合研究所の新沼謙治社長とランチミーティング
14:30 ふるさとテレワーク調印式。司会担当。めんこいテレビ、東海新報、岩手日報、朝日新聞の取材あり
18:00 関係者で懇親会

8/28 大船渡~大槌町~会津若松
午前中、ふるさとテレワーク関連施設案内
午後、大槌町でテレワーク関連の会議
北上へ移動し郡山経由で会津若松へ
ホテルの近くで会津ラーメン食べる。

8/29 会津若松
Eyes,Japanの20周年記念イベントに参加。

会津大学初代総長の國井先生の基調講演〜始まり
会津の銘酒の利き酒
丸の内の人気寿司店「まんてん寿司」の出店。ウニテロを体験。
セクシーなポールダンスショー
アイデアソン
セグウェイ試乗
〆はパイ投げ大会
と奇想天外な山寺さんらしい20周年

EVERNOTEの外村社長もサプライズゲストでセグウェイで登場し、これには山寺社長自身がびっくりしていた。

光栄にも外村社長と20周年記念ケーキにろうそくを立てる作業を一緒にさせてもらう。

以前復興庁にいた沼袋会ファミリーの日本政策投資銀行の工藤さんや、南相馬の但野さんなど懐かしいメンバーとも再会できたりTEDxTOHOKUの亀井さんと意気投合したり、大槌町の平館さん達も来てたりと楽しく過ごさせたいただきました。

終了後会津大学から宿まで1時間半位ブラブラ歩いて帰って着いたと思ったら沼袋会ファミリーの日本総研の東さんから、今着きましたと電話。。。20時もっきり前で待ち合わせ。会津の夜は長く濃かった。

8/30 会津若松~東京
高速バスで東京へ移動
愛犬だんくんの手厚い歓迎を受ける。

8/31 東京
会社に久しぶりに出勤、事務処理。
夕方、元上司の細川さんと中野で二人飲み会。

9/1 東京
会社で資料作成
夕方コム汐留で打ち合わせ

9/2 東京
会社で資料作成
夕方、江戸川支店時代の仲間と東海大学留学時代の仲間と久しぶりに飲む

9/3 東京
会社で資料作成&打ち合わせ
昼、外部とランチミーティング
夜、会社の30周年記念パーティに参加。

9/4 東京
会社は休み長男のアパートで引っ越しの打ち合わせ
長男は連れてっただんくんのゲロまみれになる。
夕方、千葉さんとミーティング&ドリンク

9/5 東京
朝、新浦安の娘の大学に嫁が保護者会に出るので送って、終わるまで車でテレワーク。
終了後、練馬のスーパーフレッツで爆買い。
夕食後沼袋の一の湯へ。
夜中に帰って来た次男がかなり落ち込んでいたので3時まで一緒に飲む。
9/6 東京
流石に疲れが出て、朝ソーメンを作り、昼チャーハンを作った後昼寝。
夕方から仕事部屋の片づけ。
以前行方不明になってインシデント扱いになった社員証が出てくる。。。